ホーム > 昼間部・夜間部

昼間部

朝から夕方まで、
ランチタイムをはさんでしっかりと授業があります。
よく学び、よく楽しめるキャンパスライフが送れます。

業界のことをじっくり学べるスタイル

昼間部はじっくり腰をすえて学びたい人におすすめ。業界出身の先生から「現場での体験談」を聞いて業界の知識を深めたり、本物そっくりのリアルな実習室で仕事の流れをロールプレイでくり返して覚えたり…学ぶことに時間をかけたい人におすすめです。

キャンパスライフが楽しめるスタイル

トラベルジャーナル学園で学ぶ2年間には体育祭や学園祭など、色々なイベントがたくさん。学校で過ごす時間が長い昼間部は、1つ1つのイベントにしっかり取り組めます。仲間とのキズナも強くなるし、先生とも親しくなれる…キャンパスライフを満喫してください。

資格取得を強力バックアップするスタイル

言うまでもないけれど、資格取得は就職に有利。卒業までに1つでも多く取得できるよう、昼間部では資格対策の授業が充実しています。1人では進まない試験勉強も授業の一環なら集中できますよね。
 

企業実習

昼間部では、あこがれの職場で実際に働く「企業実習」を導入しています。現場でプロの厳しさを知り、同時にやりがいを実感することで、仕事の本当の姿を理解するのが目的です。実習先は、卒業生が活躍する有名企業や一流ホテルなど。プロの視点でシビアに評価され、自分の適性も明確になる貴重な経験です。仕事ぶりが評価されて就職につながるケースも少なくありません。

企業実習の目的

●現場で仕事を体験し学校で得た知識を実践する
●現場で求められる柔軟性や対応力を身につける
●職場での人間関係の築き方を学ぶ
●就職のための情報収集やネットワークづくり

昼間部学費分割払い制度

昼間部進学の夢を実現できる制度が誕生!

入学時に必要な費用を大幅に軽減できる制度です。ただし対象者は「日本学生支援機構の第二種奨学金(有利子)」の予約採用決定者で、奨学金の貸与月額が10万円・12万円の方となります。

観光・ブライダル業界のアルバイト紹介制度

放課後や休日に、めざす職種のアルバイト経験でスキルアップ!

放課後や休日にアルバイトをしたい…それならめざす観光・ブライダル業界で働けば、仕事の実践力も身につけることができて一石二鳥。トラベルジャーナル学園には多くの企業からアルバイト求人が寄せられるので、スキルアップにつながる最適な仕事を紹介することができます。

夜間部

昼間は観光・ブライダル業界で研修をして、夜に集中して授業を受けます。自分で学費を払う「自立進学」ができる上、就職にもメリットがあります。

自立進学できるスタイル

昼間に憧れの観光・ブライダル業界で研修ができる「夜間部企業研修制度」は他校にはないトラベルジャーナル学園のシステム。昼間の仕事では報酬がもらえるので「夜間部授業料月払い制度」を利用すれば自分で学費を払えるので、親に負担をかけず進学できます。

学生時代に現場経験を積めるスタイル

昼間に仕事、夜に学校…大変そうに思えますが、めざす業界があるなら、これは大きなチャンスです。就職してすぐに役立つ「即戦力」を求める企業にとって、2年間の現場経験は内定の決め手。がんばった成果をアピールできるのも有利です。

短い時間で集中して学ぶスタイル

授業は効率的に知識を学べるカリキュラムを設定しています。時間は短くても卒業までに学ぶ内容は昼間部とほぼ同じ。昼間に仕事のスキルを積めると同時に、知識もきちんと吸収できるのがうれしいのです。
 

自立進学をかなえる経済サポート制度

「企業実習」や「夜間部企業研修制度」は大阪府に推奨されています!

大阪府は教育目標に「就業教育ナンバー1」を掲げています。それは将来へつながる教育を提供する仕組みを充実させ、仕事への道筋を支援する取り組みのこと。本校の「企業実習」や「夜間部企業研修制度」は、産業界と共同した就業教育そのもの…という評価を受け、大阪府より「産学接続コース推奨校」として選ばれています。

夜間部企業研修制度

昼は観光系企業で研修をして働きながら、通学する制度。経済サポートとともに、就職に必要な社会性とビジネスマナーが身につきます。

卒業後学費返済制度(在学中利息学園負担)

授業料はもちろん、入学手続き時に必要な「入学金」「施設設備費」も卒業後に支払うことができます。在学中の利息は学園が負担します。(夜間部生のみ利用可能)

夜間部授業料月払い制度

授業料を月払いで納入することができます。昼間の研修で得た給料を授業料に充てれば自立進学が可能。

社員寮利用制度・格安マンション制度

研修先企業の社員寮を利用できる制度があり、寮費は無料〜3万円台。その上安全で快適です。また学生マンションを格安で紹介する制度もあります。(昼間部生も利用可)

大学生・短大生、社会人、フリーターの方へ企業採用担当者様へ保護者の方へ高校の先生へFor International Students